【登山レポート】阿蘇くじゅう ミヤマキリシマ2018

2018年のミヤマキリシマは開花が例年に比べ2週間ほど早くなりましたが
今年もシャクガ虫の被害もなく、阿蘇くじゅうエリア全体がピンクに染まりました。
これまでは、表、裏やシャクガ虫被害などの影響で花が咲いたり咲かなかったりと
その年、そのエリアで状況が変わっていたのですが、これで3年連続いい状態が続きました。
温暖化などの気候変動が起こっているかもしれませんが、何事もないことを願っています。

それはさておき、今年見に行けなかったー!という方のためにエリアの写真を載せますよ。
5月20日 阿蘇 烏帽子岳

この日、中岳火口は落ち着いてしました。

例年より少し早く満開になりました。

草千里はたくさんの観光客で賑わっていました。

5月26日~6月4日 くじゅう連山 平治岳


6月1日 くじゅう連山 久住山、中岳周辺

今年は6月半ばあたりで星生山、三俣山、扇が鼻が最後の見頃になると思います。
また来年も綺麗なピンクの絨毯を見たいですね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ROUTE11プロジェクトとは

阿蘇、くじゅう、由布院、別府をつなぎ、絶景を走る道、ROUTE11(やまなみハイウェイ)。国立公園でもあり雄大な自然に囲まれたこのエリアは、訪れるたびに心と体が軽やかになっていくのが実感できる場所。素朴で雄大な自然の中に身を置いて、風の音と鳥の声を聞きながら、気持ちが洗われていくのを感じる。そんな場所と時間を、イベント企画や登山ガイド、オリジナルグッズなどを通して、もっとたくさんの人に知って、感じてほしい。都会と自然の架け橋を目指す、地域活性化プロジェクトです。