【登山レポート】阿蘇五岳 ミヤマキリシマの烏帽子岳・杵島岳

2018年のミヤマキリシマは開花が約1週間ほど早いようです。
今回は、阿蘇五岳の烏帽子岳と杵島岳へトレッキングイベントです。
阿蘇ファームランド方面から草千里へ向かいます。
標高を上げていくにつれ、ミヤマキリシマがちらほらと道路脇に見えてきます。
草千里がパッと視界に入ると、ピンクに染まった烏帽子岳が出迎えてくれました。

9:30草千里駐車場へ到着。車は既に6割くらい埋まってます。
この日の九州は高気圧に覆われ雲一つない青空!絶好の登山日和になりました。
準備をして、いざ草千里へ!
烏帽子岳に登る登山者の列がよく見えます。
山の裾野から上を見上げると、ピンクの絨毯が広がってます!

草千里から登山道へ入ると、ミヤマキリシマに囲まれます。
今年は虫もついてなく、綺麗な花を咲かせていました。
尾根に出ると、阿蘇火口と遠くにはくじゅう連山がくっきり見えています。
この時期、PM2.5や黄砂で霞むことが多いのですが、今日は素晴らしい景色です。


山頂まで1時間ちょっとで到着します。
熊本地震の影響で山頂は崩落しており、手前10mくらいにロープが張られています。危険ですので絶対入らないでくださいね。

下山は草千里の絶景を見ながらのんびり歩きます。
阿蘇の外輪山の形がよくわかります。

草千里のお店で休憩して、次は杵島岳へ!
といっても、杵島岳はアスファルトとコンクリの階段で30分ほどで山頂へ着きます。
散歩にはちょうどいいコースです^^;

山頂からは360度、素晴らしい景色が待っています。
草千里だけあって、草の緑が綺麗です^^;
そして、ミヤマキリシマのピンクと空の青。素晴らしい!


初心者でも登れる、烏帽子岳と杵島岳。
季節がいい時期にぜひ挑戦してみませんか!

ピックアップ記事

関連記事一覧

ROUTE11プロジェクトとは

阿蘇、くじゅう、由布院、別府をつなぎ、絶景を走る道、ROUTE11(やまなみハイウェイ)。国立公園でもあり雄大な自然に囲まれたこのエリアは、訪れるたびに心と体が軽やかになっていくのが実感できる場所。素朴で雄大な自然の中に身を置いて、風の音と鳥の声を聞きながら、気持ちが洗われていくのを感じる。そんな場所と時間を、イベント企画や登山ガイド、オリジナルグッズなどを通して、もっとたくさんの人に知って、感じてほしい。都会と自然の架け橋を目指す、地域活性化プロジェクトです。