【イベント企画】9/1-2(土日)遭難講習 道迷い時の危険回避術

登山時の山岳事故は年々増加傾向にあります。今回は山岳事故率第一位の「道迷い」にならないための読図講習とビバーク対策を夜間実践と日中読図の2回に分けて行います。1日目は夕方から読図の基礎知識、遭難した際の対処方法などの講習。日没にかけてのビバーク判断、ツエルト設営、非常食を実際に食べて体を温めるなどの実践を行います。実践後、21時くらいには下山、解散する予定です。

2日目は読図の基本を中心に、スタートから道迷いまでの危険ポイントを地図を見ながら実践体験します。このイベントは初心者向けですので、基礎知識がなくても、地図、コンパスを使えなくても一からレクチャー致します。自宅を出るときから遭難予備軍の始まりにならないように、しっかりとした装備と基礎知識を学びませんか。まったく初めての方や登山初心者でも参加できるイベントです。(登山靴やレインウェア、コンパスは必要です)

※1日目または2日目どちらかでも参加OKです。
※ヘッドライト、オリエンテーリングコンパス、筆記用具をご持参ください。
※このイベントは読図初心者向けですので、基礎部分の講習となります。より複雑な読図技術は行いません。
※安武が行う読図講習は2年ぶりです。以前参加して忘れた方は復習に来てくださいね^^;

9月1日(土)【遭難講習】道迷いビバーク対応(夜間編)
9月2日(日)【遭難講習】道迷い日中の読図脱出(実践編)

お申込みはこちらから

ピックアップ記事

関連記事一覧

ROUTE11プロジェクトとは

阿蘇、くじゅう、由布院、別府をつなぎ、絶景を走る道、ROUTE11(やまなみハイウェイ)。国立公園でもあり雄大な自然に囲まれたこのエリアは、訪れるたびに心と体が軽やかになっていくのが実感できる場所。素朴で雄大な自然の中に身を置いて、風の音と鳥の声を聞きながら、気持ちが洗われていくのを感じる。そんな場所と時間を、イベント企画や登山ガイド、オリジナルグッズなどを通して、もっとたくさんの人に知って、感じてほしい。都会と自然の架け橋を目指す、地域活性化プロジェクトです。