【登山レポート】GWは登山をはじめよう!

心地よい季節になりました。
くじゅう連山でもGWの連休になると、たくさんの観光客、ツーリング客で賑わいます。
この自然豊かなくじゅう連山で、はじめての登山イベント「坊がつるトレッキング」を行いました。

登山というと、山頂に向かってハアハア!ゼーゼー!いいながら困難に向かっていくイメージがですが、
山頂を目指さないゆったりトレッキングもあるんですよ。
今回は、くじゅう連山のど真ん中、坊がつる湿原を目標にトレッキングを行いました。

5月の登山道は新緑がとても綺麗です。
標高差もあまりないコースですので、楽しいお話をしながらワイワイと盛り上がります。


森林コースを抜けると、坊がつる湿原の美しい景色が広がります。


くじゅう連山のど真ん中で、周りに見える山々を皆さんに紹介します。
いつか皆さんも登ってくださいねー!とエールを送ります。

では、坊がつるで唯一のキャンプ場まで歩いてきましょう!
筑後川の源流のひとつの鳴子川を渡ります。


このキャンプ場の水場は湧水の近くですので、とても美味しいお水を飲めますよ。
分かる人は「うーん、やわらかいな」と言いますよ^^;

10分ほど歩いて、法華院温泉山荘に到着です。
ここは、135年ほど続く山宿でとても歴史があります。
歩いて2時間以上かかりますが、なんと九州で一番高い標高にある温泉があります。
秘湯として名が知られていますので、温泉だけ入りに来る人もいるようです。

山荘にはトイレも水場もありますので、ゆったりランチタイムです。
今日はGWスペシャルで、ガイド(私)が焙煎したコーヒーを振舞いました。
まあ、美味しいかどうかはわかりませんが・・・^^;

帰りもゆったり森林の中を歩きながら下山します。
この頃には、参加された皆さん仲良くお話をする山トモになってました。

少し早いですが、ミヤマキリシマもチラホラ見れましたよ。


ミツバツツジも綺麗でした。

登山を始めたいけど、何を揃えればいいの?
どこから登ればいいの?と迷っている方は、同様のイベントを定期的に行っていますのでご検討ください。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ROUTE11プロジェクトとは

阿蘇、くじゅう、由布院、別府をつなぎ、絶景を走る道、ROUTE11(やまなみハイウェイ)。国立公園でもあり雄大な自然に囲まれたこのエリアは、訪れるたびに心と体が軽やかになっていくのが実感できる場所。素朴で雄大な自然の中に身を置いて、風の音と鳥の声を聞きながら、気持ちが洗われていくのを感じる。そんな場所と時間を、イベント企画や登山ガイド、オリジナルグッズなどを通して、もっとたくさんの人に知って、感じてほしい。都会と自然の架け橋を目指す、地域活性化プロジェクトです。